アルツハイマー、脳の老化防止にニンニクが効果的

ニンニクはアルツハイマーや、脳の老化防止に効くことが明らかになりました。
「ニンニクは体にいい」と言われている食べ物ですね。
抗癌、抗炎症、滋養強壮などなど、体にとっていい効果がたくさんあると言われています。

 

これがニンニク

 

実は体にだけではなく、脳にもいいのです。
老化を予防し、アルツハイマーなどの病気を予防する作用もあるそうです。

 

 

 

日々、脳はダメージを受けている

脳の細胞はどんな時にダメージを受けるのか
喫煙、大気汚染、外傷、ストレスなどを受けることでダメージを受ける。この酸化ストレスから守る役割があるのは小こう細胞。

 

脳にダメージが与えられると、小こう細胞が一酸化窒素を放出。
そして、炎症抑えたり、ダメージを緩和する。一酸化窒素は、パーキンソン病アルツハイマー病の原因になれと言われています。

 

つまり、一酸化窒素は、脳へのダメージを抑える代わりに、病気のリスクを高めてしまうものなのです。

 

 

 

 

一酸化窒素も抑えたい

脳へのダメージも抑えたいものですが、
小こう細胞が放出する一酸化窒素も厄介なものですね。
脳へのダメージの元になるものを、すべて排除できるのが理想ですが…。普通に生活していればそれは不可能です。

 

脳へのダメージを抑えながらも、病気のリスクを減らせるようにバランスをとるものが、ニンニクに含まれる炭水化物 FruArg
ストレスに対応するのを促し、同時に一酸化窒素をカットする効果も確認されました。 それだけではなく、抗酸化物質も作り出しているというのです。

 

研究者のZezong Gu助教授は、
ニンニクの持つ FruArg は、心疾患や、糖尿病や、ガンなどにも良い影響を与えている可能性があると発表しています。

 

ニンニクを食べよう!

 

大切な脳をダメージから守るためには、ニンニクをしっかり食べておいた方が良いですね。
勉強の効率を高めるのはもちろん、健康管理や、若さを維持するためにも、ニンニクは適度に摂取しておきたいものです。

 

 

 

 


ニンニクが脳に与える効果 へのコメント

あああ
認知症が無い国もあるらしい。

老人性、認知症が気になるなら、DHAが含まれた魚も食べ続けたいね。

 71 | 2015/11/02/8:54 pm

なまえ:
文字色:
コメント


次のページ