口呼吸が脳と身体に及ぼす危険

普通の哺乳類は鼻で呼吸します。
口で呼吸するのは特殊な状況のときのみ。 勉強するときも、もちろん鼻呼吸しているのが自然です。

 

 

口呼吸では、脳への酸素が供給されにくくなり、
脳の前頭葉へ悪影響を与えるとのことです。

 

 

確かに、口で呼吸している人の顔は、なんとなく ○○っぽく見えてしまいます。
口が開きっぱなしで、表情に締りがない顔になります。 そして、口ポカンの人は、実際に勉強ができない人が多い傾向があります。

 

勉強するときの呼吸法は、非常に重要な要素です。
脳、全身へ酸素が十分に巡る呼吸法をしていなければ、勉強の効率は悪くなってしまうでしょう。

 

 

勉強中に眠くなる。集中できない。
口呼吸による酸欠かも?

十分寝てるのに眠くなるという場合は、これの影響である可能性あり。

 

 

自分は物覚えが悪く、記憶力が悪い、口呼吸が直せません。
そんなに落ち込むことありません。

「口呼吸の習慣」は、気をつければ直せるものです。 鼻呼吸矯正グッズも売ってます。

 

 

繰り返し使える、鼻呼吸へ直すのに必須の道具です。
鼻腔を広げる似た商品として、「ブリーズライト」という物もありますが、これは使い捨てなんですよね。 長期間使うことを考えたら、割高になってしまうと思います。
鼻呼吸矯正グッズ専門販売ページはこちら

 

 

 

 

鼻呼吸矯正グッズでは解決しない理由

しかし、鼻呼吸矯正グッズでは根本的な改善にはなりません。

 

紹介しておいて申し訳ないのですが、鼻呼吸矯正グッズが通用するのは、「調子が悪いときだけ鼻呼吸が辛いという人限定」なのです。
生まれつき、アレルギー性鼻炎だったり、鼻腔が狭いという人の場合、鼻呼吸矯正グッズが通用しないことも多々あります。

 

今まで、いくつもの鼻呼吸矯正グッズを試したけれど、結局は口呼吸に戻ってしまったという方は、ぜひ薬いらずの鼻炎解決法を試してみて下さい。

 

もしも効果が見られなかった場合には、全額返金制度もありますのでご安心下さい。
安心の全額返金

 

根本的に口呼吸を改善する方はこちら

 

 

 

 

 

鼻呼吸ができず、勉強効率が下がってしまう人の悲劇

今では鼻呼吸のための矯正グッズもたくさん売られてますし、口にガムテープを貼ることで、鼻呼吸を習慣化できた人もいます。
効率的な勉強には、鼻呼吸が必要不可欠なので、ぜひ、鼻呼吸へ矯正してみてください。
ナザールスプレー、ブリーズライト、マウスピースなどなど、鼻呼吸化に役立つアイテムがたくさん売られてるので、後で紹介します。

 

 

 

バカな父親と、バカな母親から生まれた私は、先天的にもの凄く頭が悪い、自分は不幸だ!
大丈夫です!
それほど大きな差はありません。 今までの習慣が違うだけです。 習慣や勉強方法を身に付ければ、自分の能力の低さに悲観することもありません。

 

 

もう年齢60歳を超えたから、覚えるのが無理だと思う。
頭の良いご老人も多いです。 人間は一生成長し続ける! 将棋のプロも、ご高齢の人がいますよね。

川村先生も、とても記憶力が良い人ですよね。 年齢はあまり関係なく、勉強する習慣があるか。脳を使う習慣があるかによって差が出ているだけのものだと思っています。

 

私が通っていた大学の教授は、80歳を超えているのに、どんどん新しいことにチャレンジして、パソコンを操作する高い技術力も持っている人でした。 あの教授のことを思い出すと、固定概念が人の能力を決めてしまうんだなと感じられます。

 

 

脳のピークは20歳が最高潮で、その後は勉強しても無駄 と思っている人もいらっしゃるかも知れませんが、 その諦めの思い込みがダメなんだと思います。
確かに効率的に勉強ができるのは、20歳までかもしれませんが、 効率は下がっても、成績を上げることは可能です。

 

 

 

 

年齢で諦めたら大変なことに・・・

頑固。新しいことにチャレンジしない。

 

社会的に高い立場になっている人だから、自分の能力を過信している。

 

プライドが高いから、謙虚に、若い人から教わるということをしない。
「もう歳だから覚えるのは無理。」「俺はMac派だから、Windowsなんて覚えなくていいんだよ!」 ←でも年功序列の会社では高い地位

 

勉強不足の自分自身の被を認めることがない。 我が強い。 全て他人のせいにする。

 

そんな人を、世の中では 老害 (ろうがい) と言います。 別の言い方をすると、頑固オヤジですね。

 

 

 

 

「自分は頭の悪い人間」という、間違った思い込みがあなたの能力を下げてしまう可能性もあります。
言霊。

 

 

 

  1.  ゆきえおあ。 話が逸脱してしまいました。 このページでは、「鼻呼吸は大事だよ!」ということを書きました。

 

 

今井 一彰さんは、「健康でいたければ、鼻呼吸にしないさい!」 「鼻呼吸なら薬はいらない」というタイトルの本も作成しています。

 

 

 

もともと鼻呼吸だよ!

 

  1.  ゆきえ素晴らしいです。 あなたは問題ありません。

 

 


口呼吸は危険 へのコメント

Name:あああ
問題なしです。
 | 7 | 2015/10/03/9:10 pm0
Name:鼻呼吸
ボケたら死にたい。

頭が悪いまま、他人に迷惑をかけ続けながら生きるのは、死ぬことと同等に辛い。

 | 58 | 2016/10/04/4:28 pm0
なまえ:
文字色:
コメント


次のページ