「オナニーやるとバカになる」は周知の事実

あまり世間では知られていないことですが、オナニーには大きな害があります。
7時間以上眠っているのに、勉強中に眠くなるという経験はありませんか?

 

もしかしたら、その眠気は、オナニーによって引き起こされている可能性があります。
オナニーの害悪について、詳しくはこちらをご覧下さい

 

  • 気力が無い。
  • 寝ているのに眠い。
  • 目に輝きがない。
  • 記憶力が悪い。
  • 勉強中に眠くなる。
  • 遅刻をしてしまう。
  • どもる。
  • 人と接するのが苦手。
  • 持久力がない。

 

これらの症状がある人は、鬱病よりも先に、オナニーのやり過ぎを疑った方がいいかもしれません。
あのゴルフ選手、タイガーウッズ選手も、セックス依存症という病気を患ったことがあるそうです。

 

 

英雄色を好む

若い頃にはもの凄いやる気があり、女性にモテてる、男性ホルモンが多い人は、オナニーに依存してしまったときの害悪はとても大きいのです。

 

個人差があります。 「オナニーをやっても全然疲れない」という人もいます。
そういう人は、オナニーの害を自覚することが難しいのですが、 いったん、オナニーを中止してみましょうか。 一段と脳の処理スピードにも、肉体的にも、ポテンシャルが上がった自分を発見できる可能性があります。

 

 

 

東大生はオナニーしない

私の友達の東大生は、生まれてから一度も自慰行為をしたことがないそうです。
その人と会話をしてみた印象でも、嘘とは思えません。

 

勉強熱心で、誠実で、 当然頭も良く、
エロ関連の物事を避けているように見受けられます。

 

その東大生曰く、「自分の周囲の東大生も、みんなオナニーなんてやっていない」 と言っています。

 

オナニーやってる暇があるくらいなら、勉強をしていたい。それくらい勉強が好きな人が東大生には多いです。

 

そんな話を聞きました。
本当に勉強熱心で、東大合格という素晴らしい結果を表す人は、生活習慣から素晴らしいですね。

 

 

 

 


裏情報オナニーは危険 へのコメント

なまえ:
文字色:
コメント


次のページ