音読記憶術は凄い効果!

記憶力を高める方法の一つに、「音読」という方法があります。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、
音読とは、文章を声に出して読むことです。  声を出さないで読むことを、黙読と言います。

 

生活の中で文章を読む機会があれば、できる限り音読しましょう。
読書が苦手で、本を読んでも内容を曖昧にしか覚えられていない人こそ音読です。 音読をすることで記憶定着度合いが高かまるはずです。

 

そもそも、目で見るだけで記憶することは難しいのです。

 

歌の歌詞は覚えられるけど、文章や詩を暗記することは難しい。

 

歌は丸暗記できる。
文章の丸暗記は難しい。

 

音楽や歌は、一度記憶してしまったら、なかなか忘れずに憶えていられますよね。

 

 

耳から情報を入れると、大量の情報でも長期記憶として記憶を保持しやすいのです。

 

  1. 目で文字情報を脳へ送り、
  2. 脳が文字を把握して声に出す。
  3. 自分が発した声が自分の耳に聞こえてくる。

 

この、目、脳、口、声、耳 の情報伝達の刺激があるので、「五感を活用して文章を読んでる」と実感できるはずです。

 

 

 


音読は理解度が高い へのコメント

なまえ:
文字色:
コメント


次のページ